2013年07月19日

息子君、面接を受ける。

こんにちは。

今日は風があって気温もそんなに高くなく過ごしやすいです。




我が家の高校2年生の息子君。

昨日、人生初のバイトの面接をうけました。
バイトの面接なんて、高校生ならどうってことない話のようですが、我が家はちょっと事情が違います。


息子君、学校をやめて美容師の勉強をすると言い出しました。
学校やめてまで今すぐ始めなきゃならないことではないんじゃないのかな…?
と思いますよね、親だったら。
せめて高校は卒業した方がいいとか、色々思うことはありました。

息子君と旦那さんと何回も話し合い、
自分なりに頑張っても成績が上がらない、それならば将来に向けて勉強を始めたいという息子君の気持ちを優先させることにしました。

将来の就職のことを考えると高校卒業してる方が有利なのはわかりきってるけど、手に職をつけるなら話は別かな…。
高校くらい卒業しなさいというのは親の見栄なのかな?と…。

私達親子の考えが正しいのかは解りません。
もしかしたらやっぱり学校を続けさせる方がいいのかもしれません。
美容師になるという夢も途中で変わるかもしれません。
でも、高校をやめることを後悔しないこと、そしてやめたことを武勇伝のように話したりしないこと。
これだけは必ず守る、そう約束しました。
もし、高校をやめたということを話す日が来るならば、それは自分が結婚して家庭を持ち、その子供が同じように学校をやめたいと言い出したとき。
その時には自分の経験も含めて父親の立場で話してあげてもらいたいです。



さてさて、気になる面接の結果ですが。。。
昨日の時点ではオーナーさんに「美容師の世界はすごく厳しくて新スタッフを20人雇ったとしても3人残ればいいほうだ」と言われたそうです。そして「それでも今勉強を始めたいならきちんと学校をやめる手続きをして、それからもう一度来なさい」と言われたそうです。
帰宅後、学校へ連絡したものの担任の先生が出張で不在だったため今日改めて連絡することになってます。

16歳と言えば体は大人でもまだ子供。
何かあっても自分では責任が取れる年齢ではありません。
でも、息子君が「学校をやめて美容師の勉強をしたい」と言ったこと、勇気がいることだったと思います。
その勇気を受け止め、私達夫婦は息子君を精一杯応援してあげようと決めました。

これでよかったのかな…と今でも思いますが…
いつか、よかった!と言える日が来るといいな。

親って難しいなぁ…


posted by プルメリア. at 14:20| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。